医療法人解散と医療法人個人成り手続き代行 東京 横浜 埼玉 千葉

医療法人解散メリット

医療法人解散メリット

解散の背景

医者が一人いて理事長で、親族が3人集まれば医療法人作れる⇒景気が良かった頃は患者もどんどん来るという状況で、節税のために医療法人にしたという過去の経緯

・歳をとって体力的にも落ちてきた
・人口も減って患者も減って、売り上げもドンドン落ちてきている。

解散のメリット

①医療法人で売上が多い時は節税効果があるが、売上が減ってきた場合には、法人の場合、従業員の社会保険(約13%)や年金がすごく負担になってくる。

 ⇒ 解散によって社会保険の脱退の脱退ができるようになる。

②法人であれば、役所に医療法人手続き上の届出を毎年しなければいけない。

 ⇒ 解散によって毎年の届出が不要となる。

③概算経費の特例が使用しやすくなる。
概算経費→売上げに対して領収書が無くても一定の経費を認めてもらえる特例
※ざっくり年間売り上げが5000万未満であればメリットとして使える。

 ⇒売上が減ってきた場合、概算経費の特例が使用できるようになる。


解散をネガティブなイメージではなく、維持コストを大きく圧縮してお金を残すために、法人から個人に戦略的に戻すというのもアリ。


 

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional